ノーベル賞で注目の免疫療法

体温が1℃下がると 免疫力は30%低下するといわれます。

免疫力が30%低下すると 1日に1500個のがん細胞が増殖する可能性があります。

このことは、

私自身が、まさかの多発性骨髄腫の告知を受ける前から お客さま・家族に言い続けていたことです。

(;^_^A

(目標は、365日36・5℃ですが…)

全身療法であるローリング療法は、病名にこだわらない免疫療法です。

りゃっ感・うっ血・硬結を取り去って新鮮な血液が身体を循環するように 身体そのものを改善してこそ真の健康を得ることができます。

自然治癒力を回復させて肉体の異常を根本から正せば 病気は快方に向かうと・・

私は、このローリング療法(免疫療法)を信じています。

蓑原ローリング療法

必要な時には、化学療法にもお世話になります。

心友が調べて買ってくれたサプリも飲みます。

そして

がんが好む低体温・低酸素・高血糖に注意しながら 免疫力を上げて

自分自身の計り知れない力に期待しています。

(^O^)v

昨日は、楽しいママ友ランチを

息子たちのママ友ですが

孫のいる3人の今の話題は、かわいい孫のことです。

ママ友改めて ババ友ですね! 笑

今日は、朝から孫ちゃん4号の子守りのおばーちゃまでした。

病気を忘れるくらい1日1日を楽しみ たくさん笑うことで

元気100倍!免疫力アップ!

のおばーばんです\(^o^)/

本庶先生のノーベル賞受賞 おめでとうございます