退院から1年

たくさんの人に支えられて、最後の抗がん剤治療から1年が過ぎました。

本当に感謝の思いでいっぱいです。

ベルケイド・レブラミド・レナデックスの寛解導入治療後に骨髄移植手術の予定で入院治療を始めましたが

血液検査・マルクなどの結果が劇的に改善し、今回は移植手術をせず9クールまで抗がん剤治療をすることになっていました。

抗がん剤は、がん細胞を叩き攻撃してくれますが 同時に正常な細胞までも壊してしまいます。

回数を重ねると副作用が辛くなっていました。

5クール、6クールの頃が 血圧も上がらず体力が落ちて体調不良が続いていました。

病気には負けない!と強気で頑張っていましたが 抗がん剤の副作用はキツかったです。

骨病変はあるものの 痛みは感じなくなっていましたし

血液検査・マルク・フリーライトチェーンの結果が良かったので

6クール目の途中に、「少し休薬させてもらいたい…」とお願いしました。

退院後も 外来受診での検査結果が、ずっと良い状態なので

あれ以来今日まで、休薬・無治療が続いています。

\(^o^)/

化学療法で助けられた命ですが 本音は、これ以上の化学療法は嫌です…。

完治させるのが極めて難しい病気なのは理解しているので 症状がこのように表に出てこない状態を

これからも維持できればと願っています。

こうしてブログを書くことで、また思いが強くなりました。

自己免疫を上げて頑張ります!

(^O^)v

今日は寒い1日でしたが、孫ちゃん1号・2号と楽しく過ごせました。

この幸せが、ずっとずっと続きますように…

お庭のツツジ 日に日に咲いています。