節分

「鬼は外、福は内」

2月3日 今日は節分ですね。

立春は、旧暦で1年の始まりのようです。

気持ちを新たに、節分の今日から

私の闘う経過やポジティブに生きる日々を

ブログ初心者ですが(笑)

書き残そうと思います…。

昨年の2月3日は

ベルケイド・レブラミド・レナデックス

での寛解導入治療の3クール目でした。

2016年11月

IgG 7048

IgM 16

IgA 30

「多発性骨髄腫」の告知を受けました。

溶けた骨の激痛もあり、

12月5日から抗がん剤治療が

スタートしました…。

最初のミラクルは、1クール途中の

12月12日に

IgGが3190まで激減し、

3クール開始時には

IgG 580

IgM 25

IgA 17

まで改善していました。

ただ、抗がん剤は

がん細胞だけでなく、正常な細胞も

攻撃するので

白血球が19・0(基準値40~80)

に下がってしまいました。

骨の激痛は、この頃には

かなり楽になっていました。

病食に、節分豆が出て

数えながら食べたら38個しか

なかったことを思い出します…。

今日は、52+1個食べました!

(旧暦では、節分は大晦日にあたり

年が明ければひとつ歳をとるので

1つ多く食べるらしいです)

恵方巻も南南東を向き願いを込めて

食べました。(笑)

こうして、

元気に美味しく食べられることが

本当に有難く幸せです。

感謝します…

コメントを残す